初めて出会った女性と、どの程度の深さの雑談を行うべきか

共有スペースを発したことで、女性を笑わせることができたと思います。

女性が笑ったということは、こちらからの発言に対して女性の返事が返ってくる状態になります。

そこで具体的に話す内容を、僕の中で雑談パートと呼んでいて、「今何してたの?」と言った話題を特に話します。

その質問に対して、女性から返ってきやすい返答が数パターンあるので、それをこの記事では紹介します。

雑談パートへの入り方

共有スペースに絡めて、「今何してたの?」と質問することが雑談パートへの入り方です。

具体的には、共有スペースでカバンを使った場合は、

  1. 「良いカバン持ってますね。」
  2. 「そんな良いカバン持ってどこ行くんですか?」

探偵っぽい人の場合は、

  1. 「探偵ですか?」
  2. 「犯人探しでもしてるんですか?」

ペンギンアプローチをした場合は、

  1. 「ペンギン見ませんでしたか?」
  2. 「ペンギン見てないならどこ行くんですか!?」

他にも、

  1. 「もこもこしてますね。」
  2. 「そんなもこもこしてどこ行くんですか?」

みたいな感じで、いきなり「どこ行くんですか?」と聞くんではなくて、アプローチカードと共有スペースに絡めて聞くと、女性が笑いやすく、

具体的に女性から返事がきやすいです。

ではいかに、女性からの発言に切り返すかを紹介します。

友達

何してると聞くと、友達と会うなどの発言が返ってきた場合の返答のパターンです。

男「何してるの?」

女「今から友達と会うので。」

男「ペンギン関係ない?」

女「笑」

みたいに、アプローチカードとか共有スペースに絡めて発言すると楽しい雰囲気になりやすいです。

他にも、

  • 男「友達、本当に来るんですか?」
  • 男「本当に友達いるんですか?」
  • 男「友達いるんですね!?羨ましい」

みたいにいじってみると楽しいです。

  1. 男「友達はうそでしょ。」
  2. 女「友達です、友達です」
  3. 男「本当?  本当に向こうはそう思ってるんですかね?笑」

なんかも使えると思います。

友達の存在を疑うと笑いが起きやすいです。

学生

何してる人なのと聞いて、学生ですと返ってきた場合の返答のパターンです。

男「何してるの?」

女「学校帰りです。」

男「え、じゃあ大学生?」

女「はい、大学生」

男「ああ、同じ」

女「絶対違いますよね」

男「ばかにしたよね。笑」

みたいな感じで、「同じ」で落とすと笑いやすいです。

「絶対そんなわけない!」って突っ込ませることが大切です。

 

あなたが女性と同じぐらいの年齢の場合は、

男「え、すごい。高学歴!?」

男「僕は、最終学歴幼稚園ですよ」

なんかで良いと思います。

 

もう一つのパターンは、

男「え、学生さんですか?」

女「いや、学生じゃないですよ」

男「まじっすか。スパイですか?」

女「笑」

みたいな感じで、相手の職業をスパイにしてあげると面白いです。

 

飲みに行く

飲みに行くと返答が来た場合です。

男「何してるの?」

女「今から飲みに行くので。」

男「酒好きそうっすよね」

女「いや、そんな。そんな」

男「本当ですか。酒に溺れてそうですけど、そんなことはない?」

女「笑」

女性を酒飲みにして上げてください。笑

そのあとは、「何のお酒が好きですか?」と聞いて会話を広げても良いと思います。

 

もう一つのパターンは、

男「何してるの?」

女「今から飲みに行くので。」

男「今日、飲み会自体ないらしいですよ」

みたいに、「なんでお前が知ってるんだよ!」みたいな会話をすると良いと思います。

男「花子(名前は何でも良い)に言っといてって聞いたからさ。」

男「それ伝えにきたんだよ。」

みたいな会話をしても良いと思います。

これも、「なんでお前が知ってんだよ。」とか「花子って誰だよ」みたいな笑いが起きやすいです。

 

買い物

男「ってか、何してるんですか?」

男「何しにここに来やがったんですか?」

女「笑、買い物しに来ただけです」

男「買い物しに来やがったんですか、ここに」

女「来やがって。はい」

男「うそ。こんな汚い街に・・・、お気に召すようなもんありましたか?」

女「まあ、ぶらぶら」

男「笑。ちょっと調子に乗りましたよね」

女「笑」

 

「何しにここに来やがったんですか。」みたいに、ちょっとSっ気のある発言をすると笑いが起きやすいです。

もう一つのパターンが、「なんでこんな街に来てるんですか。」みたいに、ナンパを行なっている場所をいじる会話をすると面白いです。

「何しにこんな汚い街に来やがったんですか。」

って感じですね。

 

彼氏

男「何してるの?」

女「今から彼氏と会うので。」

岡田「え?何?彼氏いんの?」

女「いますよ」

岡田「マジで?」

女「はい」

岡田「嘘だ、絶対嘘」

女「笑」

岡田「本当?」

女「本当ですよ」

みたいに、彼氏の存在を疑ってあげると面白いです。

「彼氏いるって言ってるだろ!」みたいなツッコミたくなる感じですね。

 

他にも、

男「え、太郎くんだっけ?」

男「あいつ元気?」

みたいに、「誰だよ!?」みたいなツッコミ待ちの発言も面白いです。

 

帰り

男「で、何してるの今日」

女「今、帰りです」

男「なんの?」

女「学校の」

男「学校、学生なんですか?」

みたいに、何の帰りかを具体的に掘り下げると会話が広がります。

ここから出て来た発言で、仕事とか学校、彼氏などのパートに繋げると良いと思います。

 

別のパターンは、帰ること自体を話題にするパターンです。

男「帰って。ご飯食べて?」(何をするかを聞くためにご飯を食べて?みたいな感じで具体例を促す感じで)

女「ご飯食べて、寝る」

男「テレビは見る?」

女「テレビ見て、寝る」

男「歯磨きしないの!?」

女「する。笑」

「歯磨きちゃんとしろよ!?」みたいな感じで、女性を突っ込んで上げてください。

帰って何をするか聞いて、歯磨きをするとは滅多に言わないので、ツッコミやすいと思います。

もし「歯磨きする」と言ったら、「偉い!」と褒めても笑いが起きやすいです。

 

また別パターンでは、

男「え、どこに帰んの?」

女「家」

男「家あんの?」

女「家あるよ」

男「すげえ。うらやましい。今なかなかないよ。この厳しい時代に家がある人って」

みたいに、「家があるとかすごい!」みたいなことを言うと、「当たり前でしょ笑」と突っ込ませやすいです。

 

仕事

男「何してるの?」

女「仕事帰りで。」

男「お仕事お疲れさまでした。」

男「どうですか、今日の疲れ具合は」

女「普通です。今日早く帰れたんで」

男「今日早く帰れた」

女「はい」

みたいに、仕事の出来具合を聞いても会話が広がるかと思います。

そこから、手抜きをしてないかを聞いてみても面白いかなと思います。

 

男「仕事帰り?」

女「仕事帰り」

男「頑張った?」

女「うん」

男「本当?」

女「頑張りました」

男「適当じゃない?」

 

あとは、相手から情報を引き出さずに楽しい会話をするために、自分のことをネタにしても良いと思います。(相手のことを聞き出しすぎると、何でお前に言わないといけないんだよ。となるので。)

女「笑いや、もう、帰るところなんで」

男「まじすか。え、仕事帰り?」

女「仕事帰りなんで」

男「あ、お疲れした。働いてんですね。俺もね、ペンギン育ててんすよ。一発当てようと思って」

女「笑そうなんですね」

みたいに、ペンギンを育てているとネタにすれば良いし、共有スペースに絡めて、

  • 「探偵っぽい人を探す仕事してて、」
  • 「山登り仲間探してて」
  • 「じゃがりこ落とした人に届ける仕事してて」

みたいな感じでふざけると良いと思います。

 

はぐらかす。返事を濁す

「何してたのか」と聞いても、初めて会った不審な人に何も言いたくない人もいます。

その場合の会話例をあげていきます。

男「何してるの?」

女「えっと・・」

男「なんかうさんくさいな、お姉さん」

女「  笑」

みたいな感じで、胡散臭い人に仕立て上げてください。

「お前が言うな笑」的な雰囲気にすると良いと思います。

 

他にも、言いにくそうにしてたら、

男「え、やくざの奥さんとかですか。」

女「笑」

男「怖い人に声かけちゃったな。」

とかでも面白いと思います。

 

バイト

上の、何してるかを渋ってるのと似ていて、

男「何してるの?」

女「今からバイトで。」

男「怪しいバイトでしょ」

女「笑、そんなことはない」

男「ちょっと大人なバイトでしょ」

女「笑」

男「ちょっと水分多めなバイトでしょ。」

女「笑」

みたいに、怪しい人に仕立て上げたり、「水分多めなバイト」みたいなワードで笑いを取ると面白いです。

 

予定がある

男「今何してるんですか?」

女「ちょっと予定があるので」

男「ペンギン探すよりも崇高な予定があるんですか?」

女「そうなの」

男「なんの予定?絶対ないと思うんだよな」

男「大した予定ないと思う」

女「笑」

これも、「お前が言うな!」って雰囲気にすると面白いと思います。

 

逆に何してたの?と聞き返してくる

男「何してたの?」

女「逆に何してたの?」

男「え、つぼ買ってくれる人を探してました。」

女「笑、つぼ?」

みたいな感じで、あえて怪しいと思われる発言をすることで、怪しい感がなくなったり、笑いが起きやすかったりします。

 

他にも、

男「何してたんだろう。」

と、とぼけて見ても面白いと思います。

 

まとめ

以上が、アプローチ会話での雑談パートで話す大体の内容でした。

一言一句真似する必要はなくて、上にあげたような会話の雰囲気を出すことができれば充分です。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

雑談パートの次のステップは、カフェにオファーすることです。

詳しくはこちら

第一オファー

書いてる人

7年ナンパして、50人ほど肉体関係になり、フック会話(ゲットで重要になる会話)を100人以上聞き出しました。

関係を持った女性は、一流私大生、地下アイドル、キャバ嬢、セクキャバ嬢、アパレル店員、処女、etc・・・

可愛い女の子大好きです。「ナンパから突発的な出会いに」を理念に記事書いています。ナンパ師が昔から大嫌いです

僕がどんな感じでナンパしてるかは、youtubeに音声をアップしてます。

◆ナンパ音声チャンネル(クリックするとリンクに飛びます。)

◆ナンパのもっと具体的なノウハウを共有したサイトも運営中です。(クリックするとリンクに飛びます)

【略歴】

同志社大学に合格後ナンパを始める
大学院に進学
大手企業に研究職として勤務

ナンパ音声とPDFを無料でプレゼント中

ナンパ成功音声15本(※随時更新中)と、僕の講習を受けてくれた方に作った資料を、無料でプレゼントしています。

今の自分よりも少しだけ成長するとか、単純にナンパという技術を磨きたい!って方は是非登録してみてください。

僕の、こんな女性と出会ったとか、今考えているナンパのこととか、マニアックすぎてブログで書けなかったこととかも、時間があれば記事として書いていきます。

是非登録してみてください。

詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。