ナンパモードに入りやすいルーティーン

ナンパしようと街に出てもなかなか声をかける気にならなかったりします。

そこでルーティーンがあると、スムーズに女性に声をかけることができたりします。

なので、今回は僕がやってるルーティーンを書いていきます。

体毛処理

まずは全身を体毛を処理します。

  • ヒゲ
  • 鼻毛
  • 眉毛
  • 体毛
  • 腕毛

体毛を処理することで、ツルツルになって綺麗になるので、外見が良く見えます。

そうすると気分が良く、自分に自信が出るので声かけに良い影響が出ます。

自分の外見に気になっていることがあると、女性の前で堂々とできなかったりします。

なので、ナンパする前にできることは全部やっておきましょう。

風呂に入る。身を清める

体毛を処理した後は、お風呂に入って身を清めます。

シャンプー、洗顔、ボディーソープ、歯磨きと全て綺麗にします。

そうすると、いい匂いがするので、「俺臭ってないか?」みたいな不安もなく、ナンパに集中することができます。

また、風呂に入っておくことで、ナンパして汗をかいても臭くなりにくかったりします。

なので、自分に自信を持った状態でいられます。

また、いつもは朝風呂しないので、ナンパする日だけ朝風呂をすることで「ナンパするぞ!!」っていうスイッチにもなるのでオススメです。

髪を整える

風呂から出たら、次に髪をセットします。

髪は、タオルである程度拭いた後に、ドライヤーでセットすると、一日髪型を維持することができます。

ドライヤーである程度髪型をセットしてしまえば、ワックスとかアイロンで髪をいじりやすくなるので、風呂上がりのドライは必須です。

そして、ドライヤーの後は、ヘアアイロンで顔周りの髪を整えるなり、ワックスでセットするなりして髪を整えます。

髪を整えるだけでも気分が変わるので、オススメです。

香水着ける

そして最後に、自分の好きな匂いの香水をつけましょう。

いい匂いがするだけで自分に自信が出ます。

僕は安っぽい香水をつけていますが、つけないよりはつけたほうがマシだと思います。

ナンパ用の服を着る

次に、ナンパ用に買ったおしゃれな服を着ます。

前回記事【8. 服装】参照

 

いつも着ない服を着ることで、気持ちはナンパモードになります。

聞く音楽を決めておく。

最寄りのナンパスポットに向かっている間は、テンションが上がる音楽、自分の一番好きな音楽を聞くのがオススメです。

ナンパに出るごとに同じ曲を聞くことで、その曲を聞くだけでナンパモードに入る。みたいなことになります。

他にも、ナンパの音声を聞くなんかでも良いですし、とにかく自分のテンションが上がるなら何でも良いです。

あるナンパ師は、ナンパに繰り出す前にカラオケで熱唱して、テンションを上げてからナンパするって人もいますからね。

ちなみに僕は、浜崎あゆみの「M」を聞くと「ナンパ!!」ってなります。

ナンパの声をかける場所を決めておく。

「この場所に到着したらナンパをはじめる。」って場所を決めておくとオススメです。

場所によって、ここでは声をかけやすいけど、あそこでは声をかけにくい。なんて違いがあると思います。

ナンパスポットについたその瞬間ってのは一番テンションが低いので、苦手な場所ではイキナリかわいい子に声をかけることができなかったりします。

それで、「うっわ。地蔵ってまった。」なんて落ち込んでしまっても意味ないので、○○につくまではかわいい子を見逃しても良い。ただし、○○に着いたら5分以内に絶対1人に声をかける。

ぐらいの決まりを作っておくといいです。

「着いたら絶対に声をかけないといけない」って必死感が最初の1人を声かけのハードルを越す原動力になったりします。

 

以上僕のルーティーンはこんな感じです。

これは僕の一例なので、自分なりに合うルーティーンを作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。