人間力を磨くためにオススメの本

女性にモテるとか、より魅力的な女性と信頼関係を築くための公式は、

コミュニケーション能力 × 人間力

と定義してきました。

女性をゲットする本質的な話

ここで、人間力の定義が自分でも曖昧だったんですが、最近色んな本を読んでいて、良い本見つけたので紹介します。

 

7つの習慣

人間力はこの本が本質だと思います。女性だけでなく人全般から好かれるためには何が必要か?と聞かれたらその方法と理論を全て語ってくれている本だと思いました。

もしこの本に書かれていることを全て実践できて女性にモテないのであれば、女性慣れ、女性との接触機会を増やす、女性との関わる技術(=コミュニケーション能力、ナンパ力)を磨けばすぐにモテるようになると思います。

ちなみに、7つの習慣の実践(人格を磨く)とナンパ力を磨く(技術を磨く)では人格を磨く方がはるかに難易度が高いので(抽象度が1つ高いので)、人格磨けた人ならナンパ技術を磨くのは簡単だと思います。という意味で、7つの習慣ができれば普通にモテると思います。

 

ちなみに、女性が良く言う「こんな男が好き」みたいなものをあげると

  • イケメン(清潔感 → 相互依存関係を築きやすい)
  • 面白い(相互依存関係を築きやすい)
  • 堂々としている(主体性がある)
  • 自信がある(主体性がある)
  • お金持ち(7つの習慣が身についているという事が形となって現れただけ)
  • 話を聞いてくれる(相互依存関係を築きやすい)
  • 引っ張ってくれる(主体性がある)
  • etc(7つの習慣)

みたいなものがあります。

これらの要素は一貫性がないと思われるかもしれませんが、本質的には「7つの習慣」に行き着いたりします。

女性が本質的に求めている男性像を、まさに言い当ててるのがこの本かなと思いました。(第5の習慣ではフック会話について説明していましたし。)

 

夜と霧

「7つの習慣」の中で、第一の習慣の「主体性を持つ」で、参考文献として出てきた本です。

主体性を持つとは、ざっくり言うと、

自分で人生を変えられる。どんな刺激を受けても反応(行動)は選択できる。

そう言った能力を磨いていく習慣です。(ざっくりしすぎてるので、詳しくは読んで欲しいです。)

 

刺激 → (( 自由意志 )) →  行動

というのが、主体性についての考え方です。

例えば

刺激 →  (自由意志による選択)ーーーー

|→ A(前向きな行動)

|→ B(後ろ向きな行動)

という2択(本来は無限)の選択をとることができます。

良い選択を取る傾向が続けば女性も生活が安定するし、後ろ向きな男性と共にいれば生活が後退します。

そう言った判断を女性は、前向きか、後ろ向きか?みたいなところで判断するので、主体性というのは凄く大切な要素です。

行動を選択する基準である「自由意志」が、言い換えれば人それぞれのパラダイムと言えたりします。

女性は男性がどんなパラダイムを持っているのか?を色んな行動からチェックしていることが多い気がします。

ナンパする上では、こう言ったパラダイムとか主体性は大事な考え方だったりします。

例えば、ナンパでも女性に無視されて辛くなりますよね。

その無視されて辛いという刺激を受けて、その後どう行動するか?は自分で選択できます。

  • ナンパで女性と仲良くなるのは無理だから、ナンパをやることを諦めると考えるか。
  • 下手くそなだけだから、いずれ上手くなるはずだ。まだ諦めずにナンパを継続しよう。

どちらの選択をするか?

ここであきらめないのが結局、重要だったりします。

ナンパ上達は、ノウハウというよりも、自分で行動を選択する連続だったりします。

 

女性と関わる面でも、女性は男性側のメンタルの強さを確認してくる場面が沢山あります。

それは、刺激に対して、どんな反応をするのか?男性側がどんなパラダイムを持っているのか?の確認です。

 

ナチスの強制収容所では、拷問とか、糞尿でまみれてるとか、1日スープ1杯で12時間労働させられるみたいな過酷な環境だったりします。

ほとんどの人が、人生に希望が持てずに、心が折れて自我が崩壊したり、自殺したりする中、そこに収監されたユダヤ人心理学者が、なんとか耐えきり生還した話になります。

「今辛い状況だとしても、今の自分の状況なんか大した事ないわ。」って思えるのでおすすめです。

 

「夜と霧」ヴィクトールフランクルの言葉

ナチスの強制収容所の経験からか分かりませんが、ヴィクトールフランクルの言葉は辛い時にどう対処するべきか?

に対する良い言葉が多いです。

どのような状況になろうとも
人間にはひとつだけ
自由が残されている。

それは
どう行動するかだ。

どんな時も、人生には意味がある。どんな人のどんな人生であれ、意味がなくなることは決してない。だから私たちは、人生の闘いだけは決して放棄してはいけない。

名言が多すぎるので、辛い時はこの本をチラ見すると「がんばろう。」と思える確率が上がるかもしれません。

それでも無理なら寝まくるに限ります。

イエスの言葉

本屋でパラパラっと立ち読みしてたら、めっちゃ良いこと言ってる人がいました。

誰かなーと思って作者見てみたらイエス・キリストでしたね。

流石世界一の宗教を作った人やなーと感動しましたね。

僕が良いなと思った言葉を適当にピックアップすると

ひとはパンだけによって生きるのではなく、
神の口から出るひとつひとつの言葉によって生きる。

食べ物から体ができると言うけど、情報からも人間の思考は形成されるということですね。

受け取る情報の選択は重要だということです。

愛は寛容であり、愛は情け深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、無作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで、真理を喜ぶ。そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。

ナンパというのは突発的な出会いで、瞬間的な恋的な関係を築きます。

長期的な人間関係を築く際に、ナンパだけでは身につかない、能力があったりします。

その能力や、一人の女性と長く関わっていく際に重要になる考え方や、良い指針となる言葉じゃないかなと思います。

この言葉を念頭に一人の女性と関わることで、人間的にまた一つに成長できるのではないかと思います。

後ろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進め。

過去を憂いてもダメで、今を生きろってことは大切だなと思います。

明日のことを思い煩うなかれ。明日のことは明日思い煩え。一日の労苦は一日にて足れり。

上記と内容が被った名言でした。

 

嫌われる勇気、幸せになる勇気

7つの習慣も、ヴィクトールフランクルもアドラー心理学を元にしているみたいなです。あとフロイトとか。

自己啓発の源流がアドラー心理学らしいので、より詳しく7つの習慣を理解するために読んでみるとわかりやすいかもしれません。

 

 

生きるために大切なこと

幸せになる勇気と、嫌われる勇気だけでは少しふんわりしすぎていて、アドラー心理学について理解できなかったりします。

そこで少しだけ掘り下げるのにオススメです。

カウンセラー向けに、どう精神疾患の患者に対処すべきか?と言った事が書かれた本です。

自分が精神科医であり、患者であるということをイメージしてみて、一人お医者さんごっこをしてみると効果がある本かなと思います。

 


以上人間力についておすすめの本でした。

まだまだ、アドラー心理学とか、哲学を読み始めたばかりなので、今後どんどん読んで良い本があればこの記事に更新していきます。

今更ですが読書って大事だなと気づかされました。

もうちょっと早いうちに気づきたかった。

書いてる人

7年ナンパして、50人ほど肉体関係になり、フック会話(ゲットで重要になる会話)を100人以上聞き出しました。

関係を持った女性は、一流私大生、地下アイドル、キャバ嬢、セクキャバ嬢、アパレル店員、処女、etc・・・

可愛い女の子大好きです。「ナンパから突発的な出会いに」を理念に記事書いています。ナンパ師が昔から大嫌いです

僕がどんな感じでナンパしてるかは、youtubeに音声をアップしてます。

◆ナンパ音声チャンネル(クリックするとリンクに飛びます。)

◆ナンパのもっと具体的なノウハウを共有したサイトも運営中です。(クリックするとリンクに飛びます)

【略歴】

同志社大学に合格後ナンパを始める
大学院に進学
大手企業に研究職として勤務

ナンパ音声とPDFを無料でプレゼント中

ナンパ成功音声15本(※随時更新中)と、僕の講習を受けてくれた方に作った資料を、無料でプレゼントしています。

今の自分よりも少しだけ成長するとか、単純にナンパという技術を磨きたい!って方は是非登録してみてください。

僕の、こんな女性と出会ったとか、今考えているナンパのこととか、マニアックすぎてブログで書けなかったこととかも、時間があれば記事として書いていきます。

是非登録してみてください。

詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。