ナンパ界の自己申告制の曖昧さ

ナンパ業界では、

「23歳美人金融系OL即!」

みたいな、肩書きで結果報告している方が多いです。

これだけ見ると、バリキャリをゲットしてスゲーと思いがちですが、(こんな感じ)

下請けの下請け、派遣社員、バイトとかでも金融系ですしね。笑

ナンパ師の言う美人って、自分が今まで肉体関係になった中で美人ってぐらいのニュアンスです。

 

上記の(金融系〜)肩書きで報告された女性を見たことがあります。その女性を見て思った感想は、

「よくそんな肩書きで報告できるな。」と僕は思いました。

 

僕なら、「23歳即系」と報告すると思います。(23歳も書かないです。正直報告すらしないです。)

こんな感じでナンパ師の自己申告制について思うことを書いていきます。

アイドル、モデルはトップクラスの女性だけ

ナンパしていると思いますが、アイドルとかモデルって世の中腐る程います。

ナンパ師は、ちょい脇役だとか、それどこの写真だよ。って活動をしている女性にもモデルと呼んだりします。

他にも、地下すぎるアイドルも、アイドルと呼んだりします。

こんなレベルでも「モデル即」とか「アイドル即」と報告するので気をつけてください。

こう言った女性は、普通の一般的な女性よりも正直ゲットしやすいです。笑

 

僕の意見では、アイドルとモデルと呼んで良いのは、それだけで生計を立てている女性だけだと思います。

それぐらいになると、かなり外見も一般人離れして格が違います。

 

このレベルをゲットできるナンパ師はごくわずかなので、twitterとかブログで群れてるようなナンパ師ではゲットできないと思います。

僕もゲットできませんし。

 

ゲット数について

ゲット数でナンパ師の実力を評価しがちですが、これもマジで意味がないです。

最初の50人ぐらいは意味がありますが、それ以上は変わらないです。

人間的な格みたいなものがあって、ゲット数を増やしたところで格は上がりません。

いくらブスを脳死で抱きまくっても、ナンパ力は上がらないです。

 

逆に、頭使って女性とのコミュニケーションを改善して、その結果ゲット数が数百人になっていた人はめちゃくちゃナンパが上手いと思います。

なので、中身の伴うゲット数がある人はすごいです。

しかも、そう言った人はゲット数をひけらかさないです。

なので、ゲット数がどうのこうの言ってる人は大したことないですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。