女性に何かを提案する際に、スマートにかつ、ユーモア溢れる提案をおこ会う方法

女性に声をかけ、雑談をして、ある程度笑い合った関係ができたら、カフェなどに女性を誘います。

そのことを「オファーする」とか「カフェ打診する」みたいに言います。

ここで、オファーの確率を上げるやり方があって、具体的には

  1. 第一オファー
  2. 否定
  3. 第二オファー

みたいな流れをとります。

ここでは、第一オファーの具体例を書いていきます。

第一オファーの概要

第一オファーの役割は女性に否定させることです。

「女性は軽く思われたくない。」

みたいなことを聞いたことがあると思います。

これって結構真理で、僕が今までたくさん声をかけて来た経験からも、”女性はナンパについていく軽い女だ”とは思われたくない傾向は確かにあります。

 

「この人面白いけど、軽い女だと思われたくない。だからカフェに誘われても断ろう。」

そう言った女性はたくさんいるので、せっかく笑わせたんだからカフェに連れ出したい。

そこで、正しい対応として、

  • 一度否定させる

ことで、女性からしたら「軽い女だと思われてしまうかも」と言った懸念を取り払うことができます。

「私は断ったけど、強引だったから仕方なくついて言った。」

みたいな理由づけをさせるために、第一オファーを使います。

では具体的に、第一オファーのやり方を紹介していきます。

 

アプローチに絡めたオファー

ロストアプローチ

「このへんでペンギン見ませんでしたか?」と声をかけた場合です。これは

  • 「一緒にペンギン探しませんか?」
  • 「うちのペンギン盗んだと思うんで返してくれませんか?」
  • 「ペンギン捜索隊に入れてあげる。副リーダーに任命してあげる。」

 

みたいな感じの、ふざけたオファーをすると良いと思います。

ここで「いやいいです。笑」みたいな感じになったとして、

「じゃあペンギン探すのは良いからお茶しよう。」

みたいに、第二オファーを投げると、オファーが成功しやすいです。

 

ふざけた感じを掴んでもらうと良いかなと思います。

 

ドロップアプローチ

「じゃがりこ落としましたよ。」と声をかけた場合のオファーのやり方です。

  • 「じゃがりこ一緒に食べましょうよ」
  • 「じゃがりこをお供にお茶飲みましょうよ」
  • 「じゃがりこを一緒にポリポリしましょうよ」

みたいなオファーをすると、笑いになりやすく、「嫌ですよ。笑」と女性が否定の発言を言いやすいです。

その後、「じゃあじゃがりこは良いからお茶しませんか?」と言うことで、「それなら。」となりやすいです。

 

他にも、

「鼻の形がタイプ」だと声をかけたなら、「どうしたらそんな鼻が綺麗になるか教えてください。」

とか、

「世界一綺麗な人がいると思って声をかけた」なら、「来年世界一を防衛するための作戦会議しよう」

みたいなことを言っても面白いと思います。

 

共有スペースに絡めたオファー

男「靴踏んで良いですか?」

女「ダメですよ。」

男「じゃあ片方くださいよ。」

女「嫌です笑」

みたいなのも、第一オファーですね。

笑いながら「嫌」って言ってくれる状態になれたら良い関係です。

バック

男「良いバック持ってますね」

男「くださいよ」

女「嫌ですよ。」

男「俺の靴と交換してくださいよ」

みたいな感じで、「バックください。」も面白いオファーです。

「バックください」と言って、「嫌」と返って来たなら、

男「じゃあバックくれないなら、お茶で我慢してあげますよ。」

女「いやです。笑」

男「バックもお茶も嫌だって生意気ですね。」

みたいな発言をすることで、笑いが起きやすかったりしますね。

ちなみに「バックもお茶も嫌だって生意気ですね。」は”否定”に対して効果的なフレーズですね。

否定に対しての効果的なフレーズも次の記事でまとめて紹介します。

 

雑談パートを利用したオファー

仕事

男「仕事のできはどうでしたか?」

女「まあまあです」

男「じゃあ今日の出来についてお茶しながら話しましょう」

みたいな感じで、なんでお前と仕事の話をするんだよ!?的なツッコミ待ち発言もありだと思います。

他にも

  • 「あそこの店で俺に営業かけてよ。」
  • 「あそこで仕事のやり方教えてよ」
  • 「あそこで○○(仕事)してよ」

みたいなオファーをすると、楽しく相手が否定しやすいと思いますし、関係性ができてるなら、

否定もなくオファーが成立する可能性も十分にあります。

 

他にも、大学生なら、

男「あそこで一緒にレポートやろうよ。」

男「単位だけは俺がもらうから」

とかもあります。

 

雑談パートに絡めてオファーする場合は、女性の「上司」「取引先」「教授」「友達」キャラを演じると面白いと思います。

「あそこのカフェで上司役やってあげるからさ。お茶しようよ。」

「お茶持ってこい!とか言ってあげるから。」

みたいなことを言えば、女性は楽しく「良いから笑」みたいな否定発言をしやすくなると思います。

 

まとめ

と言う感じで、以上第一オファーについてでした。

基本的には、「アプローチカード」「共有スペース」「雑談」で使った話題に絡めて、ふざけたオファーをすることが第一オファーのやり方です。

ぜひ参考にしてみてください。

 

オファーをしたら女性は必ず断ります。

否定に対しての華麗な切り返しのやり方はこちら

http://takao810.com/hitei/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。